ファイナンス、情報通信技術、法律のスキル・アグリゲーション・サイト

2級FP技能士試験の学科試験解答速報 2017年5月28日実施 問題11~問題20(リスク管理)

2017年5月28日に実施されました2級FP技能士試験の学科試験問題の解答速報からポイントとなる事項を学習します。ここから、さらに詳細な内容であったり、関連する事項などについて、学習のきっかけとなればと考えます。

なお、試験問題の全文と模範解答は、 一般社団法人 金融財政事情研究会 http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/list/fp/test http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/list/fp/answer 日本FP協会 http://www.jafp.or.jp/exam/mohan/ をご覧ください。

また、試験問題と解答については、特に指示がない限り、2016年10月1日現在施行の法令等に基づいています。

問題11~問題20(リスク管理)について、模範解答と照合の上、公開しています。

さて、2級FP技能士試験の学科試験解答速報 2017年5月28日実施 問題11~問題20(リスク管理)【マウスオーバー・バージョン・ベータ版】では、スマートフォンやタブレットで問題の選択肢をタップしますと、選択肢の記述内容が適切か不適切かを表示します。パソコンでは、マウスオーバーで表示します。

問題 11 保険業法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1. 適切です。 『保険募集人は、顧客と保険契約を締結する際、原則として、契約概要等の重要事項に加え、保険金の支払条件など顧客が保険加入の判断の参考となる情報の提供を行わなければならない。 』

2. 適切です。 『保険募集人は、顧客と保険契約を締結する際、原則として、顧客の意向を把握し、意向に沿う保険契約を提案し、顧客の意向と当該保険契約の内容が合致していることを顧客が確認する機会の提供を行わなければならない。 』

3. 不適切です。 『保険募集人は、顧客と保険契約を締結する際、原則として、契約者または被保険者の要請に応じて、保険料の割引や割戻しを行わなければならない』ものではありません。

4. 適切です。 『複数の保険会社の保険商品を販売する代理店(乗合代理店)は、顧客に対し、取扱商品の中から特定の保険会社の商品を推奨販売する場合、原則として、推奨した商品をどのように選別したのか、その理由についても説明しなければならない。』

問題 12 生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1. 不適切です。 『定期保険特約付終身保険(更新型)では、定期保険特約を同じ保障内容で自動更新した場合、更新後の保険料は変わらない』ものではありません。

2. 適切です。 『逓減定期保険では、保険期間を通じて、期間の経過に伴い所定の割合で保険金額が逓減していくが、保険料は一定である。』

3. 適切です。 『長期平準定期保険では、保険期間を通じて、保険料および死亡保険金は一定である。』

4. 適切です。 『養老保険では、被保険者が保険期間満了時まで生存している場合、死亡保険金と同額の満期保険金 を受け取ることができる。』

問題 13 個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1. 不適切です。 『確定年金では、年金受給開始前に被保険者が死亡した場合、被保険者の相続人が契約時に定められた年金受取総額を死亡給付金として受け取ることができる』ものではありません。払い込み済み保険料相当額の死亡給付金となります。

2. 適切です。 『保証期間付終身年金では、保証期間中に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、被保険者の相続人が残りの保証期間に対応する年金または一時金を受け取ることができる。』

3. 不適切です。 『外貨建て個人年金保険では、円換算特約を付加することで、為替変動があっても円貨で受け取る場合の年金受取総額が既払込保険料相当額を下回ることはない』ということはありません。

4. 不適切です。 『変額年金では、解約した場合に受け取る解約返戻金の額が運用実績によって増減するが、その額は既払込保険料相当額が最低保証されている』ものではありません。解約返戻金に最低保障はありません。

問題 14 契約者(=保険料負担者)を企業とする総合福祉団体定期保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1. 不適切です。 『総合福祉団体定期保険は、従業員の遺族の生活保障を主たる目的とした保険であり、役員を被保険者とすること』もできます。

2. 不適切です。 『総合福祉団体定期保険の保険期間は』、1年です。

3. 適切です。 『ヒューマン・ヴァリュー特約は、従業員の死亡等による企業の経済的損失に備えるための特約であり、特約死亡保険金の受取人は企業に限定されている。』

4. 不適切です。 『災害総合保障特約は、交通事故などの不慮の事故による災害時に障害・入院給付金が支払われる特約であり、給付金の受取人は企業』または被保険者です。

問題 15 生命保険の税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、いずれも契約者(=保険料負担者)、保険金受取人、年金受取人は個人であるものとする。

1. 適切です。 『身体の傷害または疾病を原因とする入院により、医療保険の被保険者が受け取った入院給付金は、非課税である。』

2. 不適切です。 『契約者と被保険者が同一人である終身保険契約で、相続人以外の者が受け取った死亡保険金は相続税の課税対象となり、相続税における生命保険金等の非課税規定(相続税法第12条の「相続税の非課税財産」の規定)が適用され』ません。

3. 適切です。 『一時払い終身保険を契約から5年以内に解約した場合に受け取る解約返戻金は、一時所得として所得税・住民税の課税対象となる。』

4. 適切です。 『個人年金保険において契約者と年金受取人が異なる場合、年金受取人は年金支払開始時に年金受給権を取得したものとみなされ、当該受給権については贈与税の課税対象となる。』

問題 16 契約者(=保険料負担者)を法人とする生命保険契約の保険料の経理処理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとし、いずれも保険料は毎月平準払いで支払われているものとする。

1. 適切です。 『被保険者が役員、保険金受取人が法人である終身保険の保険料は、その全額を資産に計上する。』

2. 不適切です。 『被保険者が役員・従業員全員、死亡給付金受取人が被保険者の遺族、年金受取人が法人である個人年金保険の保険料は』、その10分の9相当額を『資産に計上し、残額を損金に算入することができる。』

3. 適切です。 『被保険者が役員・従業員全員、死亡保険金受取人が被保険者の遺族、満期保険金受取人が法人である養老保険の保険料は、その2分の1相当額を資産に計上し、残額を損金に算入することができる。』

4. 適切です。 『被保険者が役員、保険金受取人が法人である逓増定期保険では、保険期間のうち所定の前払期間までは支払保険料の一部を資産に計上し、前払期間経過後は資産計上された累積額をその期間の経過に応じ取り崩して損金に算入することができる。』

問題 17 任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、 特約は考慮しないものとする。

1. 適切です。 『ノンフリート等級別料率制度は、契約者の前契約の有無や事故歴に応じて1等級から20等級に区分し、等級ごとに保険料の割増・割引を行う制度である。』

2. 適切です。 『対物賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により他の自動車に損害を与えた場合、損害賠償として支払われる保険金の額は、被害者の過失割合に応じて減額される。』

3. 不適切です。 『人身傷害保険では、被保険者が被保険自動車の運転中に単独事故を起こして後遺障害を負った場合は、補償の対象と』なります。

4. 適切です。 『対人賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により同居している自分の子にケガをさせた場合は、補償の対象とならない。』

問題 18 傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約は考慮し ないものとする。

1. 不適切です。 『普通傷害保険では、就業中に発生した事故によるケガは補償の対象と』なります。

2. 不適切です。 『普通傷害保険では、海外旅行中の事故によるケガは補償の対象と』なります。

3. 適切です。 『国内旅行傷害保険では、旅行中に発生した地震、噴火またはこれらによる津波によるケガは補償の対象とならない。』

4. 不適切です。 『海外旅行(傷害)保険では、旅行の行程にある日本国内の移動中の事故によるケガについては補償の対象と』なります。

問題 19 第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1. 適切です。 『ガン保険の入院給付金には、1回の入院での支払限度日数や保険期間を通じて累計した支払限度日数は定められていない。』

2. 適切です。 『特定(三大)疾病保障定期保険では、保険期間中に特定疾病保険金の支払事由に該当せずに死亡した場合、死亡保険金が支払われる。』

3. 不適切です。 『介護保険では、被保険者が』一定の要介護状態になった場合に、介護一時金や介護年金が支払われます。

4. 適切です。 『リビング・ニーズ特約は、被保険者の余命が6ヵ月以内と判断された場合に、死亡保険金の一部または全部のうち保険会社が定めた金額の範囲内で生前に請求することができる特約である。』

問題 20 損害保険を活用した家庭のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1. 適切です。 『地震を原因として自宅が倒壊する場合に備えて、地震保険が付帯された火災保険を契約した。』

2. 適切です。 『国内旅行中の食事が原因で細菌性食中毒を発症する場合に備えて、国内旅行傷害保険を契約した。』

3. 適切です。 『飼い犬が他人にかみついてケガを負わせて法律上の賠償責任を負担する場合に備えて、個人賠償責任補償特約が付帯された家族傷害保険を契約した。』

4. 不適切です。 『勤務している会社を定年退職して再就職後の収入が減少する場合』は、『所得補償保険』の対象となりません。

2級FP技能士試験の学科試験解答速報 2017年5月28日実施 問題11~問題20(リスク管理)【マウスオーバー・バージョン・ベータ版】を公開しました。問題の選択肢の記述内容が適切か不適切かをタップまたはマウスオーバーで表示します。

2017年5月28日実施の2級FP技能士試験学科試験問題11~問題20(リスク管理)について公開しました。

問題1~問題10 (ライフプランニングと資金計画)

問題11~問題20 (リスク管理)

問題21~問題30 (金融資産運用)

問題31~問題40 (タックスプランニング)

問題41~問題50 (不動産)

問題51~問題60 (相続・事業承継)

ファイナンシャル・プランニング
債券利回り計算(単利)

最終利回り計算(単利) : 債券を購入時点から、最終償還日まで保有していた場合に得られる収益の利回りを単利にて計算します。

所有期間利回り計算(単利) : 債券の購入時点から、最終償還日前の売却時点までの所有期間に得られる収益の利回りを単利にて計算します。

Amazon Alexa に対応したスマートスピーカー。DTS Play-Fi 機能を搭載し、対応オーディオ機器への音楽送信を可能とします。

ONKYO スマートスピーカー P3 Amazon Alexa対応/DTS Play-Fi対応 VC-PX30(B)

新スマホがぞくぞく登場!ラインアップ充実。

auネットワークで月々980円(税抜)~!【UQ mobile】

電力自由化!自社発電「ENEOS」が展開するサービスです。

【ENEOSでんき】まとめなくても電気代がおトク!

ファイナンシャル・プランニング
6つの係数

終価係数 : 元本を一定期間一定利率で複利運用したとき、将来いくら になるかを計算するときに利用します。

現価係数 : 将来の一定期間後に目標のお金を得るために、現在いくら の元本で複利運用を開始すればよいかを計算するときに利用します。

年金終価係数 : 一定期間一定利率で毎年一定金額を複利運用で 積み立て たとき、将来いくら になるかを計算するときに利用します。

年金現価係数 : 元本を一定利率で複利運用しながら、毎年一定金額を一定期間 取り崩し ていくとき、現在いくら の元本で複利運用を開始すればよいかを計算するときに利用します。

減債基金係数 : 将来の一定期間後に目標のお金を得るために、一定利率で一定金額を複利運用で 積み立て るとき、毎年いくら ずつ積み立てればよいかを計算するときに利用します。

資本回収係数 : 元本を一定利率で複利運用しながら、毎年一定金額を一定期間 取り崩し ていくとき、毎年いくら ずつ受け取りができるかを計算するときに利用します。

積み立て&取り崩しモデルプラン

積立金額→年金額の計算 : 年金終価係数、終価係数、資本回収係数を利用して、複利運用で積み立てた資金から、将来取り崩すことのできる年金額を計算します。

年金額→積立金額の計算 : 年金現価係数、現価係数、減債基金係数を利用して、複利運用で将来の年金プランに必要な資金の積立金額を計算します。

オンワード樫山の人気ブランド「23区」「組曲」「ICB」「自由区」などをラインナップ。

【5%ポイント還元&送料無料】23区、組曲、ICBほか、新作アイテムが続々入荷中

国内・海外のVisaまたは銀聯加盟店でのショッピングや 海外ATMでの現地通貨引き出しなど、世界各国で便利に使えるプリペイドカードです。

海外旅行&留学にはコレ!NEOMONEY

オリジナル商品を含めてラインナップ充実の自転車専門通販サイト。

ネットで注文!お店で受取り!!
サイクルベースあさひ