年金終価係数とは

年金終価係数は、複利運用で積み立てたとき、将来いくらになるかを計算するときに利用します。

年金終価係数は、一定期間一定利率で毎年一定金額を複利運用で積み立てたとき、将来いくらになるかを計算するときに利用します。

『将来の金額 = 毎年の積立額 × 年金終価係数』で、求めることができます。

また、『年金終価係数 = (((1 + 年利率)^年数) - 1) ÷ 年利率』です。

(なお、『年金終価係数 =(1 + 年利率)×(((1 + 年利率)^年数) - 1) ÷ 年利率』と定義されることもありますが、当ページでは、上記の式にて算出しています。)

年金終価係数を試してみましょう

入力文字は、半角文字のみで、数字、カンマ(,)、ピリオド(.)です。

年利率は、小数点以下4位までが有効です。

結果は、この下段に表示されます。

結果には、参考のため、入力年数以下も表示されます。

※小数点以下のまるめ処理により、数値に誤差が生じる場合があります。ご了承ください。

PoweredByPHP

PoweredByPDT

毎年積立額:

万円(1~999,999)

年利:

% (0.0001~99.9999)

期間:

年間(1~99)

 

ファイナンシャル・プランニング

6つの係数

  • 終価係数 : 元本を一定期間一定利率で複利運用したとき、将来いくらになるかを計算するときに利用します。
  • 現価係数 : 将来の一定期間後に目標のお金を得るために、現在いくらの元本で複利運用を開始すればよいかを計算するときに利用します。
  • 年金終価係数 : 一定期間一定利率で毎年一定金額を複利運用で積み立てたとき、将来いくらになるかを計算するときに利用します。
  • 年金現価係数 : 元本を一定利率で複利運用しながら、毎年一定金額を一定期間取り崩していくとき、現在いくらの元本で複利運用を開始すればよいかを計算するときに利用します。
  • 減債基金係数 : 将来の一定期間後に目標のお金を得るために、一定利率で一定金額を複利運用で積み立てるとき、毎年いくらずつ積み立てればよいかを計算するときに利用します。
  • 資本回収係数 : 元本を一定利率で複利運用しながら、毎年一定金額を一定期間取り崩していくとき、毎年いくらずつ受け取りができるかを計算するときに利用します。
  • ダブル資格の取得を目指す通信教育「2級FP技能士(AFP)受検対策講座」
 ⇒ affiliated with
 (2011.08.28 21:00)